違ったのか・・・。

黒猫の子猫はジジと命名された。

ジジはキッチンへ誰かが立つと(誰でもいいみたいだ。)「餌くれ~!」とうるさく鳴いて要求する。
昨日も夕飯の用意をしていたら、すかさずやってきて「くれくれ攻撃」がはじまった。
じらすつもりはないが、人間様の用意で忙しくてかまわずにいたら、足を伝って肩まで昇ってきて耳元で再度「くれくれ攻撃」・・・・・。
すると、何を思ったか、ちゃめが鈴の入ったボールをキッチンの側まで二つ持ってきた。
それを手でコロコロさせはじめた。
ジジは今度は肩から背中を伝って降り、じっとそれを見つめてお尻を振っている。
もしかして、ちゃめが困っている私を助けようと、ジジの気を引くためにしてくれているのかと「JIJI(私)感激!」なんて思ってたんだ。



お尻を振って、今にもボールに飛びかかろうとしているジジ。
「でかしたぞ、ちゃめ!」って思っていた次の瞬間!!!



ボール二つともかき集めて、自分が思いっきり遊びはじめて廊下へと消えて行った・・・・・。
消えたボールとちゃめ・・・・・・ジジは再び肩に這い上がってきた。


自分が遊ぶためやったんかいーーー!!!!!!!
[PR]

by chamebuu | 2005-01-21 08:35 | ねこ