こ、これはー!

a0007966_1953493.jpg

その名もパペットこぞう…だったはず(・_・;)
笑いのつぼにハマッてしまうと、攻撃できなくなる。
これが結構はまりやすい。
[PR]

by chamebuu | 2004-11-30 19:53 | 過去ノえとせとら

ちょっとくらい、いいじゃん!

a0007966_11345188.jpg


ベットでお休みの所を撫でにいったら、腕つかまれた!

おまけに、どうよ!この嫌がりようわー!!

それでも懲りずに、撫で続けていたら、足キックも加わってきた・・・・・(-。-;)
[PR]

by chamebuu | 2004-11-29 20:58 | ねこ

ドラクエⅧ

a0007966_11314170.jpg


我が家で唯一家族中がやるゲーム。

待ちに待ったドラクエⅧが土曜日に手に入ってからというもの、すさまじいゲーム時間の争奪戦が繰り広げられています。

自分に甘くて、人に厳しい我が家族は、イベントへ進む途中でも時間がくれば、リレミト・キメラの翼で即効で教会へ行かされ、セーブを余儀なくされます。

しかし、私は人一倍進み具合が遅い・・・・。

きっと、「ヤンガスよ!あんたが誘われて踊るところを見て見たい!」などと、びっくりサタンが出てくる辺りを徘徊していたりするからだろうな・・・・(^▽^;)

そういえば、ドラクエⅦも最後まで辿り着けなかったような記憶が・・・・・。

しばらく、忙しい日々になりそうです。
[PR]

by chamebuu | 2004-11-28 20:33 | 過去ノえとせとら

年下占い

年下占い

やってみた。

私は「犠牲者」だった。

『基本的性質』
相手からはいつも身近に置いておきたいと思われることが多いようです。
自分を守りたい気持ちが強く、居心地のいい安心な環境を求めます。
感受性が豊かで一喜一憂しやすく、精神的にはいつも揺れ動きますが、
見た目はおっとりしていて悩みがないように思われやすいようです。
年齢よりも若々しく感じさせるようで、年上をあまり意識させません。
金銭的なメリットよりも、気持ちを優先させるので、
相手がヒモになってしまうこともあるようです。
相手の欠点も受け入れて、滅多なことでは怒りを表現しません。
年下くんの自分勝手なワガママも、うまく包み込んでしまうみたいです。
でも、せっかく尽くしているのに、相手に“愛”が感じられない時だけは、
突然大爆発することも。被害者意識が強くって、ひがみっぽさが出てしまうようです。
弱々しい外見の割りに根は図太く、付き合いが長くなると、
最終的には年下くんを自分の思い通りにコントロールしてしまいます。

『恋愛の弱点』
変幻自在に相手に合わせる犠牲者さんは、特定の好みはあまりないほうです。
ストライクゾーンが広く、情が移りやすいので、
“今付き合ってる相手がタイプ”ってことになります。
身近な存在で、自分のナイーブさを分かってくれる相手に惹かれることが多いようです。
臆病で依存心の強いカノジョとしては、年下くんにリードされるのもまんざらでもない様子。
むしろ高圧的でない年下くんの居心地の良さにどっぷりハマれそう。悲観的傾向が強く、
付き合いが長くなると、細かい部分に不満を持ちやすいので、
優しくいたわってケアしてくれる年下くんはうってつけの存在になります。
[PR]

by chamebuu | 2004-11-27 15:40 | 過去ノえとせとら

北海道迷走旅行 2日目後半

苫小牧のホテルへチェックインして、部屋に入ってからびっくりした。

無理やりシングルの部屋をツインにしただろ!って感じだったから・・・┌|゜□゜;|┐ガーン!!


今日は、この旅のメインイベントがある日。

夕方、仕事を終えた長男と彼女と一緒に、長男がおいしいと言う回転寿司で夕食をしながら初のご対面。

長男お薦めは「舞茸のにぎり」・・・・・いや、北海道だし、お薦めが舞茸って・・・・(^。^;)

そして、彼女は・・・・・・・19歳って若いわぁ~。。。

赤ちゃんはちょうど3ヶ月に入ったばかりで、順調だそうで一先ず安心した。

食事の後、まだ彼女のお父さんが仕事から戻っていないらしく、ロイホでお茶を飲む。

もうそろそろ帰ってくるだろう頃合いを見計らって、長男運転の車で彼女の実家へ出発!

苫小牧を離れ、高速道路みたいな国道を30分ほど走っただろうか、周りの景色が真っ暗なんですけど・・・・。~(・・?))(((;・・)??

周りがどんな景色かもわからないまま、家に到着。

家の前の空き地?には車が家族分あった。(ここでは車は一人に一台いるみたいね)

普段着の母に(少しホッとした)出迎えられ、お邪魔すると・・・猫ちゃんが二匹もいるじゃないの!たちまち話題は猫ちゃんに集中し、父がまだ帰っていないこともあって、母とはざっくばらんに話が出来た。

数十分後、父、帰宅。

少々緊張したものの、改めて挨拶を交わし、旦那が小さな声で練習していた挨拶の言葉を3分の1ほど話す。

向こうは至ってあっけらかんとしていて、固くなっているこっちの方がおかしい気がしてくる。

彼女の両親は、二人とも働き者で、肝っ玉母さんと、やさしくて、おおらかな感じのお父さんと言った感じかな。

母とは4っ違いだけど、私とは大違いのオッカサンだね。(私の日常を見られたら怒られそうなくらい)

夫婦とも仲良くて、二人での晩酌が何よりの楽しみなんだそうで、彼女は暖かい家庭に育ったんだなって事がよくわかった。

今後の事は長男の試験合格を待って、相談しながら決めていこうと言う事になった。

結納は?結婚式は?などと全く言われず、二人にとって良い形で生活できるよう気長に待っていてくれるみたい。

しかし、これに甘えず、長男には何としても一回で試験に受かってもらって、一日も早く、両親を安心させてあげてほしいと思う。

なのに、長男ときたらのん気で頼りなくて困る。こいつもB型だった・・・・(-。-;)

長男の結婚が落ち着くまでには、まだまだ時間がかかりそうだ。

a0007966_11291499.jpg
挨拶を済ませ、両親に見送られて家を後にした。彼女も付き合って、長男の勤める牧場へ連れて行ってもらう。
ここはもっと真っ暗だった。
長男の育てている、馬とツーショット。
私が鼻をこわごわ撫でると、鼻息をブハーとくらった。
馬は遠くで見るもんだ。。。



気がかりだった対面も無事終わり、明日はこの旅最後の日。

苫小牧から近くの温泉宿を探して登別に行く事になってます。

温泉に浸かって、この旅の疲れを癒しましょう。

って、なんも疲れてないんだけどね・・・。
[PR]

by chamebuu | 2004-11-27 10:21 | 旅・たび

そう言えば・・・。

3時の猫ちゃんの所に、新しくエル・ライト王子!が加わりました。
かわいいのは当たり前だが、猫ちゃんたちの出会いは簡単ではないようだ。

以前住んでいた所で、アメリカンショートヘアーの迷い猫を保護した事があった。

首輪もしていたし、人にも慣れていたので、飼い主の隙をついて飛び出しちゃったのだろうと飼い主が見つかるまでうちで預かったことがある。

もちろん、うちにはすでに気性の荒いちゃめがいたのだが、この機会に、ちゃめの他の猫に対する行動や感情をみてみたかったんだ。

無事そうなら、待望の二匹目が飼えるかもしれないじゃない?

ゲージがあるわけもなく、そのまま自由にアメショちゃんを放してみた。

まだ若いアメショちゃんは興味津々で家中を歩いて回るが、ちゃめはそれを威嚇し始めた。

最初、威嚇されても、何なのかわからないといった感じだったアメショちゃんも、ちゃめのあまりのしつこさに、反撃し始めた。

取っ組み合いにはならなかったものの、ちょっとあぶないなと思ったので、時間制で二匹を交互に自由に行動させたりした。その時もう一匹は長女の部屋で隔離してね。

アメショちゃんの写真も撮って、「預かってます」の張り紙も張ったので、飼い主がすぐに見つかるだろうから、あえてそれ以上二匹を会わせたりする必要もなかったので、この状態もしばらくの我慢で済んだ。

飼い主も張り紙をした二日後に見つかり、無事アメショちゃんは帰って行った。

この事で、ちゃめには無理だなと、我が家では二匹目を飼うことを諦めた。

なにより、こっちがあの状態に耐えられないのが大きいかもしれない。

根気とか全くない家族だし、なにより猫たちのケアってものができそうにないから。
[PR]

by chamebuu | 2004-11-26 09:27 | 過去ノえとせとら

初めての場所

a0007966_1127679.jpg


今まで上れなかったカウンター。

最近、空気清浄機から上がれる事を覚えてしまった・・・。

興味津々でカウンター上を徘徊した後、角に落ち着いたようだ。
[PR]

by chamebuu | 2004-11-25 20:12 | 過去ノえとせとら

北海道迷走旅行 2日目

小樽は観光地だけど、以前行ったので反対側の石狩方面へ行きました。

ここではネットで見つけていた「番屋の湯」と言う所だけが目当てだったのだが、他にも何かあるだろうと思い込みで行っちゃいました。

a0007966_11235082.jpg
パンフによると、ここは石狩十三場所と言われ、鮭魚場があった所に建てられたのだそうです。
歌でありましたよね「石狩挽歌」でしたっけ??
あの歌を思い出しながら入った湯は、濁りのない透明の茶色い色の湯(どんな湯やねん!)で、露天風呂もあったし、やわらかくていいお湯でした。
お隣には、「番屋の宿」といって、宿泊施設も建っていました。

a0007966_11244356.jpg
湯上りには地ビールと神戸の3倍はある(量がね)枝豆で乾杯♪おいしかったです“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪


茹で上がった身体には北海道のこの時の気候はちょうど良かった。
レンタル会社でもらった地図を見ながら、近くに何かないかと探すと灯台があったので行って見た。


a0007966_11254345.jpg
灯台でした。。。彡(-_-;)彡ヒューヒュー
そういえば何かの碑があったわ。
確か「灯台守」の詩が書かれてありました。
それだけでしたが・・・・・。

これ以外に私たちには見つけられずに、石狩の旅も終わりにして一路、苫小牧へ出発です。


あれ?二日目全部書くつもりだったけど、二日目後半はまたにしよう・・・・(^。^;)
[PR]

by chamebuu | 2004-11-25 17:24 | 旅・たび

北海道迷走旅行 1日目

18日から3泊4日で北海道へ行ってきました。

北海道に住む長男の「おめでた婚」のため、彼女の両親に挨拶に行くのが目的の旅行だ。

<一日目>

新千歳空港に午後4時ごろ到着。

レンタカーですぐに札幌へ。

中島公園近くのホテルにチェックインし、大通り公園までブラブラと歩いて行く事にする。

ススキノのは神戸でいう、東門筋辺りのでっかいバージョンって感じだな。

歩行を邪魔されてると思うくらい、ビラ配りの兄ちゃん、姉ちゃんの多さにはびっくりした。

やっと大通公園に着いたが、お目当ての札幌イルミネーションが見えない!!

警備のお兄ちゃんに聞くと、イルミネーションは明日からだとか・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

a0007966_11215314.jpg
唯一、テレビ塔の下でツリーが輝いていたので、それを見てため息をついた。「ここまで来て、見れない私たちってどうなのよ・・・。」
イルミネーションがあると聞いただけで、もうやっているもんだと思い込んだ私がバカでした。
前日に試験点灯もあったらしいが、そんなことなど知らない私たちは、もと来た道をスゴスゴと帰る。

帰り道でおいしそうな炉端のお店を見つけたので、夕食はここで済まそうと入る。

期待を裏切らずに料理はどれもおいしくて、満足してホテルへ帰った。

明日の夜はいよいよ両親との対面だが、午前中は石狩方面へ行きます。

小樽へは以前行った事があるので、違う所も観光して行こうと近くの石狩にしたんだ。
[PR]

by chamebuu | 2004-11-24 10:52 | 旅・たび

タイトル変えました♪

借りていたサーバーがHPスペースのサービスを停止することになったので、これからはこのブログ一本でいこうと思い、タイトルも変更しました。

内容はほとんど・・・というか全く変わらないだろうと思われます(^▽^;)

折り返して・・・。も名残惜しいのだけど、これからもよろしくお願いしますm(__)m
[PR]

by chamebuu | 2004-11-23 13:40 | 過去ノえとせとら