飛騨高山~金沢旅行 金沢 長町武家屋敷跡・新竪町編

a0007966_8213585.jpga0007966_8212587.jpg
やっと最終の旅行編にたどり着いた・・・。
金沢市老舗記念館と大野庄用水

私がこの旅行でずっと首からぶら下げ、撮り続けたカメラ、EOS20D。
この3日間で上達するわけでもなく、ただただ重さに憎たらしさを覚えるほど・・・なんど捨てたろかと思った事か・・・。バカチョンカメラでいいわ、私は。。。

a0007966_8311290.jpga0007966_8312437.jpg

a0007966_8313563.jpg

もてなしドーム(金沢駅周辺)でお昼御飯を食べ、武家屋敷跡をグルッとまわり、新竪町を歩いて金沢を出発しました。
a0007966_8382589.jpga0007966_8375338.jpg


新竪町には個性的なお店が多い、特に骨董品のお店がありました。a0007966_8405746.jpga0007966_8411749.jpg

a0007966_8434248.jpg
ここのお寿司屋さんは近所の若者がたくさん買いに来ていました。
なんでだろうと覗くと、安い!!
きっと安くてうまいお寿司を食べさせてくれるんでしょうね~。
地元客で賑わうお店のようでした。

飛騨高山~金沢旅行はカメラを除けば楽しい旅になりました。
まだまだ行きたい所はたくさんあるから、頑張って働いてう~んと遊ばなくては!
仕事も家から5分の所にある、またまたベビー用品店に決まりました!
接客はしなくていいから、ほとんどレジ業務になるだろう。
通勤時間がかからないし、休憩も家に帰ったりできるから便利です。
ただ、9月に北海道に行くから、それだけ休みを取らせてくれるかが問題です。
まぁ、とにかく5日から頑張ろう!
[PR]

by chamebuu | 2008-05-30 08:53 | 旅・たび

飛騨高山~金沢旅行 金沢 21世紀美術館編

a0007966_9112289.jpg

                                    チューバ状の管の中の顔がパンダに見える。(笑)
a0007966_9114738.jpg21世紀美術館は兼六園のすぐ隣にある。
無料で見学できるスペースと有料ゾーンがあって、プールの上からは無料ゾーン、下からは有料となる。
展示室は何部屋かあって、その時々で展示内容はかわるようです。もちろん有料の展示も!
この時展示していたのは「ロン・ミュエック」展でしたよ。
リアルでデカくて、無理!だったので見ずじまいです・・・(-_-;)

21世紀美術館HP



a0007966_912212.jpga0007966_9121433.jpg


[PR]

by chamebuu | 2008-05-28 09:22 | 旅・たび

飛騨高山~金沢旅行 金沢 兼六園編

a0007966_8514725.jpga0007966_852663.jpg


a0007966_852457.jpga0007966_8525627.jpg

根上松(ねあがりまつ)                      こちらは金沢城の五十間長屋
a0007966_8544218.jpga0007966_8545362.jpg

兼六園の名の由来は、中国宋の時代の詩人・李格非が書いた洛陽名園記の文中から「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望」の六勝を兼備するという意味で「兼六園」と名づけられた。(パンフより抜粋)

金沢城と兼六園のHP


a0007966_8551077.jpg


[PR]

by chamebuu | 2008-05-28 09:08 | 旅・たび

飛騨高山~金沢旅行 金沢 ひがし茶屋街 志摩編

a0007966_17332988.jpg1820年、ひがし茶屋街が出来た時から建てられていた茶屋。(重要文化財指定)

別当の「寒村庵」では小さな庭を見ながら、抹茶(もちろん生菓子付き700円)も味わえました。

志摩 HP

a0007966_17461857.jpga0007966_17462994.jpga0007966_17465431.jpg 

a0007966_17511154.jpg
お台所もあるけど、お茶屋ではほとんど料理を作ることはなく、食事は仕出しを頼んでいたとか。


寒村庵から見える庭を2階から見た所。a0007966_17485889.jpga0007966_17495650.jpg


下の写真は、寒村庵で庭を眺めながら抹茶を頂きました。
もう少しで写真を撮り忘れるところだった・・・危なかったわ(・・;)
生菓子も抹茶も最高♪
a0007966_17523763.jpga0007966_17524756.jpg

a0007966_17532076.jpga0007966_17533044.jpg


[PR]

by chamebuu | 2008-05-27 18:16 | 旅・たび

飛騨高山~金沢旅行 金沢 ひがし茶屋街 懐華楼編

だんだん、タイトルが長くなってきた・・・。
a0007966_1952967.jpg
ひがし茶屋街にある「懐華楼」(金沢市指定保存建造物)
朱塗りの階段や草木染の畳、金箔張りの茶室があって見学できる。
喫茶スペースもあって、自家製のくずきり(700円)や抹茶(生菓子付き600円)などが頂けますよ。
入館料700円
懐華楼 HP

a0007966_1921312.jpga0007966_1917281.jpga0007966_1917179.jpga0007966_19173663.jpg

a0007966_19191028.jpga0007966_1920383.jpg
なんか並べ方がクチャクチャになったけど、まぁいっか♪

[PR]

by chamebuu | 2008-05-26 19:27 | 旅・たび

飛騨高山~金沢旅行 金沢 ひがし茶屋街編

a0007966_1883092.jpga0007966_1861943.jpg

a0007966_1864315.jpg

a0007966_18354270.jpga0007966_18543676.jpg

a0007966_1836250.jpga0007966_18392538.jpg金沢で一番行きたかった場所、ひがし茶屋街。
金沢にはひがし茶屋街の他、にし茶屋街と主計町茶屋街があります。
ひがし茶屋街は最近ドラマや映画のロケ地としても利用されてるとか。
そういえば、お昼のドラマ「花衣夢衣」でも撮影されんじゃなかろうか?
可愛い犬の看板と、黒猫さん。
見知らぬ人にも撫でさせてやってる♪
この人がなかなか離れないので、わたしはナデナデ出来なかった( p_q)
[PR]

by chamebuu | 2008-05-26 18:57 | 旅・たび

飛騨高山~金沢旅行 白川郷編

a0007966_1012527.jpgまずは展望台へ上り白川郷の全体を見に行く。

もうほんまに自分のカメラの才能がないのをシミジミ感じる・・・。
2日も首から重たいカメラをぶら下げて、パシャパシャ撮っている割には覚えようとしないから、上達もしない・・・。

a0007966_10181123.jpg
駐車場と集落を結ぶ吊り橋です。
コンクリートで造られた「であい橋」(愛の出会いを芽生えさせる橋らしい・・)
人がたくさん通ってる時はコンクリートが抜け落ちやしないかとちょっと怖かった。(吊り橋恐怖症)

駐車場側には「であいの館」(総合案内所)やお土産店がありました。
集落にもたくさんお土産屋さんがありますが。


a0007966_10265276.jpga0007966_10271510.jpg

a0007966_10281277.jpg

a0007966_1029617.jpga0007966_10291945.jpg


a0007966_10363733.jpga0007966_10364935.jpg
お昼になると日差しも強くなってきて、帽子も日傘も忘れたので、急遽お土産屋さんで買った傘で日よけ。
ここでしか出来ない所業ですな。
ここでも飛騨牛コロッケ♪
小さな川に泳ぐこの魚は?鯉ではないな~何だったけ?集落の真ん中の通りです。
a0007966_10455760.jpga0007966_10482988.jpg


a0007966_1042862.jpg美しい茅葺の民家。
白川郷は世界遺産に指定されている。
だから人が多いのは仕方ないとして、何か出来すぎ君な感じがしてちょっと興ざめ。
ほんとに生活感のある茅葺の里なら、京都の美山がいいなぁ~と。
これは私個人の感想なので、参考にはしないでください。
お土産屋さんなどは対岸の駐車場側に留めていて欲しかった。
でも無理なことなのかも知れないな~。
白川村商工会HP
[PR]

by chamebuu | 2008-05-26 10:59 | 旅・たび

飛騨高山~金沢旅行 荘川桜編

飛騨高山を出て、白川郷へ向かいました。
今年の7月頃?には清見ICから直接白川郷ICへ行けるようになるそうですが、今回の旅では残念ながらまだ道路は建設中だったので荘川ICまで戻り、156号線の地道を行きました。
その途中に道の駅「桜の郷荘川」があったので寄ってみた。
荘川と聞いて、つい最近聞いた事があるなぁ~とずっと思っていた。

a0007966_2156395.jpg
道の駅で、またまた飛騨牛串を売っているのを発見し、あの味が忘れられなくて一目散に牛串へ!!
なんと!!なんと!!ここでは200円だったよ~ん!!
味も高山で食べたのと変わらず美味しくて幸せ~♪ (あのお店元が取れてるのかな?)
嬉しすぎて写真が思いっきりぶれてるし・・・
味付けは塩コショウだけのシンプルなもので、たぶんここでも生醤油をチャポっと付けてたと思う。これが美味しさの秘訣か、肉自体が美味しいのか!?両方だろうな。

牛串を食いながら地図を見ていたら、「荘川桜」と記されている場所があった。
ここで初めて思い出した!
アンビリバボーで荘川桜のことを知ったんだった!
a0007966_2215634.jpgこの桜は御母衣ダムの建設によってダムの底に沈む運命だったのを、ここに移植された桜だった。
その頃ですでに樹齢400年の老桜。
移植のためには枝を切らなくては運べなくて、たった1本の枝を残してほとんどの枝を切られた。
老木は小枝が折れただけで腐ると言われているらしく、桜の枝を切ることはタブーと言われ、植物学者から無謀だと言われたそうです。
しかし、根元にはまるで若木のような新しい根が何本も生えていて、樹齢400年にもなる巨木が新しい根を盛んに増やすのは非常に珍しいことから、この桜なら枝を切っても耐えてくれるかもしれないと思ったそうです。

a0007966_22243153.jpg人々の思いが通じたのか、翌年の春、残しておいたたった1本の枝に花が咲いた。
それから10年後には満開の桜の花を咲かせる奇跡の桜となったわけです。
この桜の生命力を吸い取りたいおすそ分けして欲しくて、大木に抱きつこうと決めていたのに・・・・囲われちゃってて・・・
仕方ないので一番近そうな枝にジャンプして触ろうと人目も憚らず二人で枝が風で下へ揺れてくる所を狙ってジャンプしていた。旦那はすぐに触れたのに、私は何度やっても触れず、結局旦那に抱っこされて枝に触る事が出来た。旦那に言わせると5センチくらいしか飛んでなかったらしい・・・すごい飛んでる気分だったんだけど・・・(-_-;)

下の右の民家はダムに沈んだ下滝地区にあった若山家。今は飛騨民族村で見ることが出来る。
a0007966_22393739.jpga0007966_22395075.jpg


私の説明ではわかりにくいと思うので、関連HPで是非この桜の話を聞いてやってください。
飛騨荘川観光協会HP
電源開発株式会社

今回道路が建設中だったおかげで、荘川桜に出会えました。
道路が出来て、荘川桜を知らない人は、観光コースである飛騨から白川へ直接行ってしまうのでしょうね。それが惜しくてせめてここを見た人が飛騨方面へ行くことがあるなら是非寄って欲しい場所でした。
私も今度は桜の季節にもう一度行ってみたいです。
[PR]

by chamebuu | 2008-05-24 22:52 | 旅・たび

初!BCGで

a0007966_2073149.jpg大泣きのマーちゃん!

4ヶ月検診とBCGに行ってきました。
私は誘われてもいないけど付き添いで・・・

マーちゃんにとって初の痛みを味わった訳で、体重を量るときも検診の時も泣かなかったマーちゃんでしたが、さすがに痛かったんだね~♪(←いや♪マークはおかしいか・・・)

他の子より体重があって、顔デカくて、絶壁!
女の子やのに、なんとかせねば・・・・。
[PR]

by chamebuu | 2008-05-22 20:14 | まごまご

飛騨高山~金沢旅行 高山陣屋編

a0007966_904376.jpg
二日目は朝も早よから、高山陣屋と朝市を見学。

ここは、もともと三代高山城主 金森重頼の3人の娘が居住していた向屋敷を幕府の直轄領とし代官所としたのが始まりだそうです。
御役所、郡代役宅、御蔵を合わせて「高山陣屋」となる。

高山陣屋 入場券 大人420円

吟味所・御白州
拷問もここで行われていたようです。痛そう~。。。  庭園は小奇麗でした。小奇麗って・・・(^▽^;)
a0007966_9141346.jpga0007966_9185814.jpg

大広間と御蔵
a0007966_9443921.jpga0007966_9445058.jpg


a0007966_9172164.jpga0007966_9173379.jpga0007966_9174410.jpga0007966_921457.jpg
この「味祭り」でやっと飛騨牛串にありつくことができました!
なんとお値段も400円!!
美味しすぎて旦那に持たせて撮影も忘れて食べつくしてしまった(-_-;)

a0007966_9205351.jpg
陣屋前の朝市。何だか思ってたよりこじんまりとしてるね~なんて思っていたら、17・18日は味祭りというのがあって、そこに人が流れ込んでたようです。

これで飛騨高山を出発して、白川郷・金沢へと行きます。
なのでまだまだ続く・・・・・・

高山陣屋 HP
[PR]

by chamebuu | 2008-05-22 09:45 | 旅・たび